Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

    マガジン

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    事業承継のための「アトツギ八策」を読み解く!【読まなくても参加できるファミリービジネス読書会】〜「湘南の風に吹かれて豚を売る」筆者みやじ豚・宮治勇輔さんと考えよう

    実家が営む事業の後継者として「自分だけの役割」を見つけたい。家業に注ぐ情熱の使い方を考えたい。ファンマーケティングの勘所をつかみたい。 そんな方々にオススメの読まなくても参加できるオンライン読書会「リファラバさんと学ぼう」を2月7日(火)に開催します。 ゲストは、神奈川県藤沢市でブランド豚「みやじ豚」を生産する宮治勇輔さん。ファンマーケティングの先駆者であり、農家のこせがれネットワーク代表理事、家業イノベーション・ラボ実行委員として、後進の経営者・後継者を後押しする活動も

      • 「デザイン×ものづくり」本多プラス・本多孝充さんのトークイベントを開催します。自分のステージを作る経営者になろう

        デザインを磨いて下請けを脱却したい。家業の中で自分の「好き」を貫きたい。自分にしかできない事業をつくりたい。 そんなふうに考える方々にオススメのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験と経営の勘所を聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。2023年2月17日(金)にお招きするのは、「デザイン×ものづくり」のプラスチック会社、本多プラス(愛知県新城市)の本多孝充さんです。 奥三河のアート好きな事業家一家に生まれた本

        • 奥三河の下請けプラスチック会社が「デザイン×ものづくり」の会社になるまで

          愛知県新城市の「本多プラス」の本多孝充社長は、父親から引き継いだプラスチック成形会社を、「デザイン×ものづくり」の会社へと変貌させました。アートという「自分の好きなこと」を軸に会社を作り替え、コスメペン「ハイテックC リッシュ」や携帯用「アジパンダ」のようなデザイン性の高い製品で、下請けの多いプラスチック業界に新風を巻き起こしてきた本多さん。「きれいなものをつくりたい」。そんな思いに突き動かされるアートな経営者の歩みを追いかけます。 「でかい仕事をしろ」。伯父がくれた一生に

          • 「紅茶を飲めば茶農家の心がわかる」物語伝え人、和紅茶専門店店主・岡本啓さん

            「自分にとって一番の幸せとは?」 今の仕事が「自分のやりたいことではない」と思っても、今まで歩んできた道を変えることって、ものすごく難しい。変えられないままズルズルといってしまうことも多いのではないでしょうか? 今回インタビューしたのは、佐賀市で日本初の和紅茶専門店を開業し、約20年がたつ「和紅茶専門店くれは」の店主、岡本啓さん。 落語好き、格闘技好き、スケート好き。好きなことには全力投球。環境をどんどん変えていき、たどり着いた先にあったのが紅茶ブレンダーだった。国内で

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • わたしのファミリービジネス物語
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • みんなの経営相談
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • しくじり2.0
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • 自社を伸ばすプログラム「秋元祥治のいいトコ探し塾」
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • 自分と自社の深掘りプログラム「郡司成江の逆算から始めよう」
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            家業に注ぐ「情熱」の使い方。みやじ豚・宮治勇輔さんのトークイベントを開催します

            ファミリービジネスを継ぐ決心がつかない。実家の事業をアップデートしたい。消費者と直接つながり、ファンを作りたい・・・そんな悩みを抱えている方々にオススメのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験と経営の勘所を聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。2023年1月20日(金)にお招きするのは、神奈川県藤沢市でブランド豚「みやじ豚」を生産する宮治勇輔さんです。 もともとは実家を継ぐつもりがなく、起業志望だった宮治さん

            「リファラバ望年会」を開催しました

            今年の7月20日(中小企業の日)にRefalover(リファラバ)はスタートしました。トークイベント「リファラバさんと話そう」では、「わたしのファミリービジネス物語」に登場していただいた経営者さんをお呼びして、連載には書き切れなかったエピソードやこれまでの経験から得た学びなどを、深掘りしてお聞きしてきました。 約5カ月間、手探りの連続でしたが、オンライン形式で6回開催し、多くの方々と出会うことができました。今後も、地元に根ざして活躍する経営者さんやファミリービジネスを担う仲

            プラスチックの「生涯設計」を描こう〜廃材から生まれた宝石のようなマグネット

            リサイクルプラスチックを使った小物ブランド「ame:アメ」(本店・東京都港区北青山)が、化粧品大手コーセーとのコラボレーションで、互いの工場から出た廃材をアップサイクルし、彩り豊かに光り輝くマグネットを生み出した。「アメ」を展開するのは、プラスチック容器のデザイン・成形を手掛ける本多プラス(愛知県新城市)。プラスチックへの逆風が強まる中、同社社長の本多孝充さんが目指すのは「本物のリサイクル」だ。 マグネットは、口紅やアイライナーといったメーキャップ化粧品の製品開発の過程で発

            社員が危機感に欠けていて思うように動いてくれません〜社員とともに外に出よう

            今回の相談は「新しいことを始めたいが、社員たちが危機感に欠けていて、思うように動いてくれません」。東京都内の製造業、40代社長さんからの「お悩み」です。 リファラバのナビゲーターで、愛知県岡崎市の岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)・チーフコーディネーターの秋元祥治さんが答えます。 #社長と社員 #情報共有 #社内コミュニケーション #危機感の醸成 #フラットな組織の作り方 に課題を感じている方々にオススメです。 温度差があるのは「当たり前」まず重要な点として、社

            起業志望の青年が農業を「かっこよくて・感動があって・稼げる」の新3Kにするまで

            湘南・藤沢の地に、農業をこれまでの「きつい・きたない・危険」の3Kから、「かっこよくて・感動があって・稼げる」の新3Kにしたいと奮闘している家業経営者がいます。みやじ豚社長の宮治勇輔さんは、父昌義さんから事業を引き継ぎ、弟大輔さんとともに養豚業を営んでいます。宮治さんは養豚業を法人化し、ミシュランの星付きレストランで、みやじ豚を使ったメニューとして提供されるほどのブランド豚に育て上げました。そんな宮治さんの挑戦の記録を報告します。 学びの日々…「起業家になりたい」湘南の海か

            ジャパネット創業者・髙田明さんが語る「人生はボトルネックを探す旅」

            今回、しくじりを共有してくれるのは、軽妙な語り口でお茶の間の人気を集めた通信販売大手「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)の創業者、髙田明さんです。 会社勤めを経験した後、父母が経営する長崎県平戸市のカメラ店に入った髙田さんは、佐世保市に営業所所長として店を出し、37歳で分離独立。41歳の時にラジオを使った通信販売を始め、その後、全国ネットのテレビショッピングへと拡張させて、ジャパネットと髙田さんはテレビショッピングの代名詞のような存在になりました。 髙田さんは66歳の

            佐賀のたまり場つくり人、ゲストハウス山秀朗オーナー・藤田健臣さん

            佐賀市富士町にある耕作放棄地を活用し、2カ月先まで予約の取れないキャンプ場「むおんきゃんぷ」として生まれ変わらせてしまった。来場者に休息の場所はもちろん、思い出を提供する「ゲストハウス山秀朗(さんしゅうろう)」のオーナーでもある藤田健臣さん(66)の仕事だ。 くしゃっと笑う笑顔にだまされてはいけない。高校卒業後に九州電力に入社、火力発電のタービン建屋の設計など手掛けてきたバリバリのキャリアを持つ1級建築士である。 使われていない山を活用したキャンプ場プロジェクトは、地元の

            人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

            今回の相談は「人材採用で悩んでいます。社員の高齢化により技術の承継は急務ですし、そもそも人手不足で、思ったような人材が採用できてきませんでした。危機感ばかりが募りますが、取っかかりをつかめないでいます。どこから手を付けるのがいいでしょうか」。東京都八王子市で製造業を営む40代社長さんからの相談です。 人材採用がままならなければ、企業の存続自体が危うくなります。ファミリービジネス事業承継研究所代表で、日本ファミリービジネスアドバイザー協会フェローの大山美和さんがお答えします。

            先代と衝突!無理やり始めた「第二創業」が本業をアップデートする。オレンジトーキョー×小高莫大小工業・小高集さんのトークイベントを開催します

            町工場の「ワナ」から抜け出そう下請けから脱却して消費者と直接つながりたい。 技術はあるけど、自社商品の開発が進まない。 事業承継や会社株式の譲渡で壁にぶつかっている。 そんな悩みを抱えている方々にお薦めのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験と経営の勘所を聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。12月9日(金)にお招きするのは、北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造販売するオレンジトーキョー(東京都墨

            新規事業開発の成否を分ける「ちいさな習慣」~オカビズ・秋元祥治がフレームワークでは得られない「工夫」と「ひらめき」の発想法を伝授します

            行列のできる経営相談所「岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)」のチーフコーディネーターとして、多くの会社を売り上げアップに導いてきた秋元祥治さんが、新規事業開発に必要な「工夫」と「ひらめき」のセンスを磨く7つの「ちいさな習慣」を伝授します。 似たような業種・規模なのに、なぜ「あの会社」だけが新規事業を成功できるのか あのアイデアなら、うちの会社でもできたことなのに 人材や技術ではうちの方が勝っているはずだけど、うまくいかない そんなふうに感じたことはありませんか?

            社長解任!?非情な父親に突き落とされたアトツギが再び会社を継ぐまで

            北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造・販売する東京・墨田の「オレンジトーキョー」。創業者の小高集(つどい)さんは、終戦間もなく創業した「小高莫大小工業」の後継ぎでしたが、父親との対立で会社を追われ、「ムリヤリ第二創業」の道を歩んできました。小高さんがまず挑んだのは、顧客ニーズに基づかず、自社の論理で製品を作ってしまう「プロダクトアウト」からの脱却。その苦闘を描きます。 小高さんの自己紹介はこんなふうに始まる。 ビジネススーツの生地のように伸縮しない織物に対し

            自分と会社の「10年後の自分未来図」を描こう~未来をデザインする「逆算思考」セミナー

            自分の未来をつくるのは、自分しかいない。先の見えない時代の中で、自分と会社の「10年後の自分未来図」をつくって行動するのと、日常に追われて過ごすのとでは、10年後にたどりつく場所が全く違ってきます。 未来はどこからともなくやってくるのではなく、「自分が信じられる未来」「自分がワクワクする未来」を自らつくりたい。そんなマインドセットを手に入れたいファミリービジネスの方々のために、リファラバのナビゲーターで未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さんによる「逆算思考」実践セミナーを開