Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

    マガジン

    リンク

    記事一覧

    人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

    今回の相談は「人材採用で悩んでいます。社員の高齢化により技術の承継は急務ですし、そもそも人手不足で、思ったような人材が採用できてきませんでした。危機感ばかりが募…

    先代と衝突!無理やり始めた「第二創業」が本業をアップデートする。オレンジトーキョー×小高莫大小工業・小高集さんのトークイ…

    町工場の「ワナ」から抜け出そう下請けから脱却して消費者と直接つながりたい。 技術はあるけど、自社商品の開発が進まない。 事業承継や会社株式の譲渡で壁にぶつかってい…

    新規事業開発の成否を分ける「ちいさな習慣」~オカビズ・秋元祥治がフレームワークでは得られない「工夫」と「ひらめき」の発想…

    行列のできる経営相談所「岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)」のチーフコーディネーターとして、多くの会社を売り上げアップに導いてきた秋元祥治さんが、新規事業…

    社長解任!?非情な父親に突き落とされたアトツギが再び会社を継ぐまで

    北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造・販売する東京・墨田の「オレンジトーキョー」。創業者の小高集(つどい)さんは、終戦間もなく創業した「小高莫大小工業…

    人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

    人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

    今回の相談は「人材採用で悩んでいます。社員の高齢化により技術の承継は急務ですし、そもそも人手不足で、思ったような人材が採用できてきませんでした。危機感ばかりが募りますが、取っかかりをつかめないでいます。どこから手を付けるのがいいでしょうか」。東京都八王子市で製造業を営む40代社長さんからの相談です。

    人材採用がままならなければ、企業の存続自体が危うくなります。ファミリービジネス事業承継研究所代表

    もっとみる
    先代と衝突!無理やり始めた「第二創業」が本業をアップデートする。オレンジトーキョー×小高莫大小工業・小高集さんのトークイベントを開催します

    先代と衝突!無理やり始めた「第二創業」が本業をアップデートする。オレンジトーキョー×小高莫大小工業・小高集さんのトークイベントを開催します

    町工場の「ワナ」から抜け出そう下請けから脱却して消費者と直接つながりたい。
    技術はあるけど、自社商品の開発が進まない。
    事業承継や会社株式の譲渡で壁にぶつかっている。
    そんな悩みを抱えている方々にお薦めのオンラインイベントを開催します。

    ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験と経営の勘所を聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。12月9日(金)にお招きするのは、北欧風

    もっとみる
    新規事業開発の成否を分ける「ちいさな習慣」~オカビズ・秋元祥治がフレームワークでは得られない「工夫」と「ひらめき」の発想法を伝授します

    新規事業開発の成否を分ける「ちいさな習慣」~オカビズ・秋元祥治がフレームワークでは得られない「工夫」と「ひらめき」の発想法を伝授します

    行列のできる経営相談所「岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)」のチーフコーディネーターとして、多くの会社を売り上げアップに導いてきた秋元祥治さんが、新規事業開発に必要な「工夫」と「ひらめき」のセンスを磨く7つの「ちいさな習慣」を伝授します。

    似たような業種・規模なのに、なぜ「あの会社」だけが新規事業を成功できるのか

    あのアイデアなら、うちの会社でもできたことなのに

    人材や技術ではうちの方

    もっとみる
    社長解任!?非情な父親に突き落とされたアトツギが再び会社を継ぐまで

    社長解任!?非情な父親に突き落とされたアトツギが再び会社を継ぐまで

    北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造・販売する東京・墨田の「オレンジトーキョー」。創業者の小高集(つどい)さんは、終戦間もなく創業した「小高莫大小工業」の後継ぎでしたが、父親との対立で会社を追われ、「ムリヤリ第二創業」の道を歩んできました。小高さんがまず挑んだのは、顧客ニーズに基づかず、自社の論理で製品を作ってしまう「プロダクトアウト」からの脱却。その苦闘を描きます。

    小高さんの自

    もっとみる