マガジンのカバー画像

みんなの経営相談

8
毎日のように湧き出してくる困り事や悩み事。リファラバのナビゲーターや、ファミリービジネスへのサポート経験が豊富な専門家たちが、一つ一つ親身になって答えていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

社員が危機感に欠けていて思うように動いてくれません〜社員とともに外に出よう

今回の相談は「新しいことを始めたいが、社員たちが危機感に欠けていて、思うように動いてくれません」。東京都内の製造業、40代社長さんからの「お悩み」です。 リファラバのナビゲーターで、愛知県岡崎市の岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)・チーフコーディネーターの秋元祥治さんが答えます。 #社長と社員 #情報共有 #社内コミュニケーション #危機感の醸成 #フラットな組織の作り方 に課題を感じている方々にオススメです。 温度差があるのは「当たり前」まず重要な点として、社

人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

今回の相談は「人材採用で悩んでいます。社員の高齢化により技術の承継は急務ですし、そもそも人手不足で、思ったような人材が採用できてきませんでした。危機感ばかりが募りますが、取っかかりをつかめないでいます。どこから手を付けるのがいいでしょうか」。東京都八王子市で製造業を営む40代社長さんからの相談です。 人材採用がままならなければ、企業の存続自体が危うくなります。ファミリービジネス事業承継研究所代表で、日本ファミリービジネスアドバイザー協会フェローの大山美和さんがお答えします。

人材育成を強化したい~まず必要なのは経営者自身の「ゴール設定」

今回の相談は「自社製品の開発に向け、ベテラン社員から若手への技術継承も含め、人材育成に力を入れたいと考えています。どんな点に注意すべきでしょうか?」。東京都港区で金属機械加工業の会社を営む40代社長からの「お悩み」です。 リファラバの「自分と自社の深掘りプログラム」のナビゲーターで未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さん(ビューティアトリエ代表)が答えます。 #人材育成 #経営方針 #新人研修 に課題を感じている方々にお薦めです。 毎日のように湧き出してくる困り事や悩み

会社幹部への貸付金が見つかった。回収するには、どうしたら?

今回の質問は、「継いだばかりの時にはよく見ていなかったのですが、資産の中に会社幹部への貸し付けがあることがわかりました。会社としては回収を図らなくてはいけないのですが、幹部が資金的に裕福なわけもなく、本当に回収できるのか不安になっています。幹部には引き続きがんばってもらう中でどのような対処が良いか、教えていただけますか?」という内容です。東京都八王子市の製造業、40代社長さんのお悩みです。 ファミリービジネス事業承継研究所パートナーで、日本ファミリービジネスアドバイザー協会

事業承継時の『不良資産と見えない負債』。防ぐにはどうしたら?

「継いだばかりの時には気づかなかった会社幹部への貸し出しが見つかりました。この貸金は貸借対照表の資産の部に計上されていて発見が遅れ、資金回収は困難な状況になってしまいました。先代からの引き継ぎにあたり『不良資産と見えない負債』をなくすために注意すべきポイントはどんなことでしょう?」。今回は、東京都八王子市で製造業を営む40代社長さんからの相談です。 ファミリービジネス支援の株式会社日本FBMコンサルティング代表で、日本ファミリービジネスアドバイザー協会(FBAA)フェローの

脱・下請けに向けて、自社製品の開発に乗り出したい。最初の一歩は?その2

今回の相談は「長く大手企業からの受注生産がメインでやってきました。その状況から脱却するため、自社製品の開発に乗り出したいと考えています。最初の一歩はどんなことになるでしょうか」。東京都八王子市でプラスチック成形業を営む40代の社長さんのお悩みです。 前回に続き、リファラバの「自社を伸ばすプログラム」のナビゲーターで、売り上げアップの仕掛け人、秋元祥治さん(岡崎ビジネスサポートセンター、「オカビズ」のチーフコーディネーター)が答えます。今回のポイントは、新商品開発で必要な「試

脱・下請けに向けて、自社製品の開発に乗り出したい。最初の一歩は?その1

今回の相談は「長く大手企業からの受注生産がメインでやってきました。その状況から脱却するため、自社製品の開発に乗り出したいと考えています。最初の一歩はどんなことになるでしょうか」。東京都八王子市でプラスチック成形業を営む40代の社長さんのお悩みです。 リファラバの「自社を伸ばすプログラム」のナビゲーターで、売り上げアップの仕掛け人、秋元祥治さん(岡崎ビジネスサポートセンター「オカビズ」チーフコーディネーター)が答えます。 #売り上げアップ #新規事業 #自社製品開発 に課題

古参社員に自分の経営方針をわかってもらえない――どうすれば?

今回の相談は「古参社員に自分の経営方針を浸透させるのが難しい。どうしたら良いのでしょうか」。東京都八王子市で機器メンテナンスを営む40代の後継ぎ社長さんの「お悩み」です。 リファラバの「自分と自社の深掘りプログラム」のナビゲーター、未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さん(ビューティアトリエ代表)が答えます。 #経営方針 #古参社員 #社内コミュニケーション に課題を感じている方々にお薦めです。 ▼ 自分と自社の深掘りプログラム「郡司成江の逆算から始めよう」 毎日のよう