Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

毎日新聞が運営するファミリービジネス・メディアの公式アカウントです。 地元に根ざす経営者や後継ぎ、起業家の方々を「つなぐ場」になっていきます。

    マガジン

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    社長解任!?非情な父親に突き落とされたアトツギが再び会社を継ぐまで

    北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造・販売する東京・墨田の「オレンジトーキョー」。創業者の小高集(つどい)さんは、終戦間もなく創業した「小高莫大小工業」の後継ぎでしたが、父親との対立で会社を追われ、「ムリヤリ第二創業」の道を歩んできました。小高さんがまず挑んだのは、顧客ニーズに基づかず、自社の論理で製品を作ってしまう「プロダクトアウト」からの脱却。その苦闘を描きます。 小高さんの自己紹介はこんなふうに始まる。 ビジネススーツの生地のように伸縮しない織物に対し

    スキ
    8
      • 佐賀のたまり場つくり人、ゲストハウス山秀朗オーナー・藤田健臣さん

        「みんなだけじゃなく、自分自身を楽しませているのかもしれない」佐賀市富士町にある耕作放棄地を活用し、2カ月先まで予約の取れないキャンプ場「むおんきゃんぷ」として生まれ変わらせてしまった。来場者に休息の場所はもちろん、思い出を提供する「ゲストハウス山秀朗(さんしゅうろう)」のオーナーでもある藤田健臣さん(66)の仕事だ。 くしゃっと笑う笑顔にだまされてはいけない。高校卒業後に九州電力に入社、火力発電のタービン建屋の設計など手掛けてきたバリバリのキャリアを持つ1級建築士である。

        スキ
        3
        • 人材採用が進まず、危機感ばかりが募ります~既存社員へのインタビューから始めましょう

          今回の相談は「人材採用で悩んでいます。社員の高齢化により技術の承継は急務ですし、そもそも人手不足で、思ったような人材が採用できてきませんでした。危機感ばかりが募りますが、取っかかりをつかめないでいます。どこから手を付けるのがいいでしょうか」。東京都八王子市で製造業を営む40代社長さんからの相談です。 人材採用がままならなければ、企業の存続自体が危うくなります。ファミリービジネス事業承継研究所代表で、日本ファミリービジネスアドバイザー協会フェローの大山美和さんがお答えします。

          スキ
          6
          • 先代と衝突!無理やり始めた「第二創業」が本業をアップデートする。オレンジトーキョー×小高莫大小工業・小高集さんのトークイベントを開催します

            町工場の「ワナ」から抜け出そう下請けから脱却して消費者と直接つながりたい。 技術はあるけど、自社商品の開発が進まない。 事業承継や会社株式の譲渡で壁にぶつかっている。 そんな悩みを抱えている方々にお薦めのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験と経営の勘所を聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。12月9日(金)にお招きするのは、北欧風のカラフルな布草履「MERI(メリ)」を製造販売するオレンジトーキョー(東京都墨

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • みんなの経営相談
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • わたしのファミリービジネス物語
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • 自社を伸ばすプログラム「秋元祥治のいいトコ探し塾」
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • 自分と自社の深掘りプログラム「郡司成江の逆算から始めよう」
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア
          • しくじり2.0
            Refalover[リファラバ]〜毎日新聞のファミリービジネス・メディア

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新規事業開発の成否を分ける「ちいさな習慣」~オカビズ・秋元祥治がフレームワークでは得られない「工夫」と「ひらめき」の発想法を伝授します

            行列のできる経営相談所「岡崎ビジネスサポートセンター(オカビズ)」のチーフコーディネーターとして、多くの会社を売り上げアップに導いてきた秋元祥治さんが、新規事業開発に必要な「工夫」と「ひらめき」のセンスを磨く7つの「ちいさな習慣」を伝授します。 似たような業種・規模なのに、なぜ「あの会社」だけが新規事業を成功できるのか あのアイデアなら、うちの会社でもできたことなのに 人材や技術ではうちの方が勝っているはずだけど、うまくいかない そんなふうに感じたことはありませんか?

            スキ
            8

            自分と会社の「10年後の自分未来図」を描こう~未来をデザインする「逆算思考」セミナー

            自分の未来をつくるのは、自分しかいない。先の見えない時代の中で、自分と会社の「10年後の自分未来図」をつくって行動するのと、日常に追われて過ごすのとでは、10年後にたどりつく場所が全く違ってきます。 未来はどこからともなくやってくるのではなく、「自分が信じられる未来」「自分がワクワクする未来」を自らつくりたい。そんなマインドセットを手に入れたいファミリービジネスの方々のために、リファラバのナビゲーターで未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さんによる「逆算思考」実践セミナーを開

            スキ
            7

            人材育成を強化したい~まず必要なのは経営者自身の「ゴール設定」

            今回の相談は「自社製品の開発に向け、ベテラン社員から若手への技術継承も含め、人材育成に力を入れたいと考えています。どんな点に注意すべきでしょうか?」。東京都港区で金属機械加工業の会社を営む40代社長からの「お悩み」です。 リファラバの「自分と自社の深掘りプログラム」のナビゲーターで未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さん(ビューティアトリエ代表)が答えます。 #人材育成 #経営方針 #新人研修 に課題を感じている方々にお薦めです。 毎日のように湧き出してくる困り事や悩み

            スキ
            11

            新政・佐藤祐輔さん、而今・大西唯克さんに聞く「地酒の復興」~10月29、30日に「UTAGE」リアルイベントを開催

            「地酒」の復興を期して、地元に根ざして日本酒や本格焼酎をつくる有名蔵元たちの団体が10月29、30日の両日、東京都江東区豊洲で、大型の野外イベントを開催する。 飲食店で消費されることの多い地酒は新型コロナウイルス禍の打撃が特に大きかった。団体の役員で、「No.6(ナンバーシックス)」で知られる新政酒造(秋田市)社長の佐藤祐輔さんと、「而今(じこん)」の木屋正(きやしょう)酒造(三重県名張市)社長の大西唯克さんに、イベントにかける思いを聞いた。 コロナ禍で大きな打撃を受けた地

            スキ
            16

            脱サラ社員が日本伝統の「前掛け」を世界へ。エニシング創業者、西村和弘さんのトークイベントを開催します

            「オンリーワン」の会社になるためには、どうしたらいいのだろう。日本の伝統品を海外に売り込みたい。自分のぶれない軸を作りたい。そんな思いのある方々にお薦めのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験や経営の勘どころを聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。11月11日(金)にお招きするのは、前掛け専門店「エニシング」を創業した西村和弘さんです。 広島の起業家一家に生まれた西村さんは、江崎グリコで社会人経験を積み、27

            スキ
            11

            脱サラ社員が「前掛け」で繊維業界のオンリーワンになるまで

            人気映画シリーズ「007」の最新作に、日本伝統の前掛けが衣装として使われていることに気づいただろうか。この前掛けを作ったのは、大手菓子メーカーの営業マンだった西村和弘さんが脱サラして起業した前掛け専門店「エニシング」(東京都小金井市)。Tシャツの企画販売からスタートした西村さんが、市場規模が大きいとは言えない前掛けに目を向けたのは、なぜだったのか。その歩みを追いかけます。 ◆海外から大量注文のナゼ2021年10月、エニシングのもとに海外から大量の注文が入り始めた。米国、フラ

            スキ
            22

            新商品開発を成功させる「6つのステップ」~オカビズ・秋元祥治の「いいトコ探し」体験セミナー

            予算も人手も足りないけれど、新商品開発で売り上げアップを実現したい。そんなファミリービジネス経営者の方々のために、行列のできる経営相談所「オカビス(岡崎ビジネスサポートセンター)」の秋元祥治さんが、新商品開発に本気で取り組むなら、必ずおさえたい「6つのステップ」を伝授します。 売り上げアップや新商品開発と言われても、どこから手をつけたらよいか分からない。 挑戦したことはあるけれど、成果が出なかった。 そもそも自社には、売り上げを増やせるような「強み」がない。 そんなふ

            スキ
            13

            自分と会社の未来をデザインする~「逆算思考」を身につける体験セミナーを開催します

            「自分のつくりたい未来は何ですか」。そう問われて、とっさに答えられるでしょうか? 未来はどこからともなくやってくるのではなく、「自分が信じられる未来」「自分がワクワクする未来」を自らつくりたい。 そんなマインドセットを手に入れたいファミリービジネスの方々のために、リファラバのナビゲーターで未来デザイン経営の先駆者、郡司成江さんによる「逆算思考」の体験セミナーをオンライン開催します。 美容室やカルチャースクールなど11業種24店舗を展開するビューティアトリエグループ(宇都宮

            スキ
            15

            SDGsな豆腐店が熱量を集めて世界を救う 「染野屋」の小野篤人さんのトークイベントを開催します

            経営者としての熱量をどう保てば良いのか。社員たちの本気を引き出す方法とは。自分なりのSDGs(持続可能な開発目標)経営を始めたい。そうした思いのある方々にお薦めのオンラインイベントを開催します。 ファミリービジネスの経営者や後継ぎの方々から、これまでの経験や経営の勘どころを聞くトークイベント「リファラバさんと話そう」。10月21日(金)にお招きするのは、茨城県取手市に本拠地を置く豆腐店、染野屋社長の小野篤人さんです。 義父の死去に伴い、妻の実家の豆腐店を継ぐことになった小

            スキ
            17

            近所のお豆腐屋さんを継いだヤンチャな「婿殿」がSDGsに目覚めるまで

            茨城県取手市を本拠地に、お豆腐を製造・販売する「染野屋」は、江戸時代末期の文久2(1862)年に創業し、160年近い歴史を誇る老舗です。八代目「染野屋半次郎」を襲名した社長の小野篤人さんは、実はお婿さん。結婚するまでお豆腐屋さんを継ぐなんて、考えたこともありませんでした。 ありふれた「近所のお豆腐屋さん」を飛躍させ、今では大豆ミートの販売や大豆の有機栽培、地域の豆腐店の事業承継へと、どんどんフロンティアをひらいていく小野さんの物語です。 ◆自由と自立「一国一城のあるじ」にな

            スキ
            14

            「のびのびと健やかなリーダーに」夫と歩む二人三脚経営【第三話】

            歯ブラシなど口腔(こうくう)ケア製品を中心に、ユニークな商品を世に送り出す東京都品川区の「ファイン」を経営する清水直子さん。長く続いた迷いの時期を抜け出し、「のびのびと健やかな社長」という自分だけのスタイルを築きます。そして生涯のパートナーに出会い、今度は次世代に会社を引き継ごうとしています。 「会社の愛し方」が分からなくて苦しんだ取締役としての約10年間。「笑顔が仕事」と割り切ったことで、むしろ会社の隅々にまで目が届くようになった副社長の4年間。 そうした経験を経て、2

            スキ
            10

            「会社の愛し方が分からない」トンネルの先に見えた光【第二話】

            歯ブラシなど口腔(こうくう)ケア製品を中心に、ユニークな商品を世に送り出す東京都品川区の「ファイン」。父が亡くなり、社長となった母とともに会社を経営することになった清水直子さんでしたが、不安と焦りが先に立ち、やることなすこと、うまくいきません。「会社の愛し方が分からない」。そんな泥沼から、はい出すまでの物語です。 「ちゃんとしないと会社は3年で潰れるぞ」。1995年、父益男さんの葬儀で、参列者にかけられた言葉が胸に突き刺さった。親切心だったのだろうが、葬儀に政界関係者を一人

            スキ
            9